キャッシングの保証人

キャッシングの保証人

一般的にはキャッシングをする場合、担保も保証人も不要です。貸金業者やクレジットカード会社などとキャッシングの契約をしたとき、保証人は求められませんが、その代わりに、住宅ローンや自動車ローンなどよりも高金利を求められてしまいます。キャッシング会社は高金利に設定することで、返済不能リスクを回避しているのです。無担保タイプのキャッシングの金利が、他のローンと比較して高い理由のひとつは、こうしたキャッシング会社のリスク回避によるものなのです。

 

しかし、キャッシング会社によっては、借入金が高額になった場合、保証人または不動産などの担保などを求めるケースもあります。なお、こうした保証人が求められるケースでは、連帯保証人である場合がほとんどです。ここで注意したいのは、連帯保証人と保証人は法的に負わなければならない義務が全く異なる点です。

 

連帯保証人も保証人も、他人の債務を保証する人のことではありますが、保証人は、債務者が自己破産等により借入金の返済が不能になった場合にのみ、債務者の代わりに返済する義務が発生します。つまり、債務者が返済可能な状態である限り、保証人は返済の義務はありません。まずは、債務者の財産が差し押さえられ、その次に、保証人の方に請求がきます。

 

また、保証人が複数存在する場合は、その保証人の人数で按分した金額のみ返済の義務が生じます。しかし、連帯保証人となると話は別です。連帯保証人になると、債務者が返済可能な状態であっても、返済の義務は発生します。連帯保証人は債務者と同じ扱いをキャッシング会社から受けます。そして、連帯保証人もその請求に対して一切の抗弁ができません。

 

  おすすめ順 年利 限度額 即日融資
プロミス
プロミス
4.5%〜17.8% 1万円〜500万円 平日14:00時までに
WEB契約完了で当日振込
アコム
4.7%〜18.0% 1万円〜500万円 平日14:00時まで
モビット
モビット
4.8%〜18.0% 1万円〜500万円

14:50までの
振込手続完了で当日振込可

(審査結果により不可の場合有)