キャッシングの必要書類

キャッシングの必要書類

貸金業者とキャッシングの契約をするときに必要な書類について説明します。一般的には、本人確認ができる「免許証」などの公的な書類のコピーなどが必要となります。また、借入額を多く希望する場合は、それらの書類以外に収入を証明する「源泉徴収票」なども必要になります。

 

それではいくつかの大手キャッシング会社を例にとって、必要な書類について確認してみましょう。まず、「楽天銀行 スーパーローン」で必要な書類は次の通りです。「運転免許証、健康保険証、パスポートなどの本人確認書類の写し」。

 

また、勤め人の場合は「源泉徴収票、課税証明書、給与明細書などの収入証明書の写し」、自営の場合は「課税証明書、確定申告書などの写し」が必要です。ただし、借入限度額が200万円以下の契約の場合は、原則、収入証明書の提出は不要です。

 

しかし、このケースでも、個人事業主または法人代表者は収入証明書が必要です。なお、主婦は利用限度額50万円までは、収入証明書の提出は必要ないです。

 

プロミスでは、フリーキャッシングを契約する場合に、次の書類が必要になります。

 

運転免許証(運転免許証をお持ちでない方は、パスポートをご用意ください)
※外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む) をあわせてご用意ください。※お借入総額により収入証明書類(源泉徴収票等)が必要です。
※個人事業主の方は確定申告書(写し)等が必要です。

 

  おすすめ順 年利 限度額 即日融資
プロミス
最短1時間
4.5%〜17.8% 1万円〜500万円 平日14:00時までに
WEB契約完了で当日振込
モビット
モビット
4.8%〜18.0% 1万円〜500万円

14:50までの
振込手続完了で当日振込可

(審査結果により不可の場合有)