キャッシング仮審査

キャッシング仮審査

貸金業者などのキャッシング会社とキャッシングの契約をするときに、最近では、インターネットなどで機械的に仮審査をして、その仮審査に通った人だけが店舗などで本審査を受けることができるシステムを採用しているキャッシング会社が増えました。

 

インターネット上で「スピード審査」とか「数秒審査」だとか銘打っている業者の広告を見かけますが、そのほとんどは仮審査を採用しています。スピード審査と銘打つだけあって、その仮審査の審査項目も非常に少なく簡単な特徴があります。審査結果も早くて当日わかったりします。

 

仮審査時の審査項目として、入力しなければならないのは、「名前、年齢、メールアドレス、希望借入限度額、職業、勤続年数、健康保険証の種類、現在の他社での借入金額の合計、返済滞納経験の有無」などです。

 

また、現在、貸金業法によって総量規制が規定されたので、原則として年収の3分の1までしか借入ができません。そのため、仮審査でチェックをするのは、現在の借入額が年収の3分の1まで有るのかどうかです。すでに他社からの借り入れで年収の3分の1に達している場合は、新規にキャッシングはできません。

 

さらに、銀行系のキャッシングでは、他社よりも仮審査が厳しくなる傾向にあります。審査項目も詳しく問われることになり、上記の審査項目に加えて、「勤務先についての詳細」や「現在の役職」、「出向先(審査申込者が出向している場合)」、「現在の住居の詳細」、「居住年数」などを記入するケースもあります。

 

  おすすめ順 年利 限度額 即日融資
プロミス
プロミス
4.5%〜17.8% 1万円〜500万円 平日14:00時までに
WEB契約完了で当日振込
アコム
4.7%〜18.0% 1万円〜500万円 平日14:00時まで
モビット
モビット
4.8%〜18.0% 1万円〜500万円

14:50までの
振込手続完了で当日振込可

(審査結果により不可の場合有)