即日キャッシング≪お急ぎの方≫

即日キャッシングは消費者金融の定番

  おすすめ順 年利 限度額 即日融資
プロミス
最短1時間
4.5%〜17.8% 1万円〜500万円 平日14:00時までに
WEB契約完了で当日振込
モビット
モビット
4.8%〜18.0% 1万円〜500万円

14:50までの
振込手続完了で当日振込可

(審査結果により不可の場合有)

 

今では即日キャッシングは消費者金融の定番となっています。珍しいことではありませんね。審査が厳しく時間がかかることで知られている銀行でも即日融資が可能となるところもでてくるなど「即日」という言葉が金融業界に大きくかかわってきています。

 

消費者金融の即日キャッシング、これは活用次第では有効になるものです。もちろん消費者金融の金利は決して低いものではありませんので早い段階で返済することを目標としておかなくてはなりません。

 

いち早く返済することで日割り計算となる金利を低く抑えることができます。次の給料日までに返済ができるのであれば計画性があろうとなかろうと即日キャッシングは危険なものではありません。

 

即日キャッシングにも注意点があり、いくつかの条件をクリアできなければ即日の融資はできません。例えば夕方に申し込んだところで当日のキャッシングはできませんし、必要書類が不足しているのであれば手続きができませんのでこれも当日に契約をすることができません。

 

お金の「今、困った!」を解決してくれる即日融資。どうしても今日中にというのであれば審査にかかる時間も確認しながら、遅くても14時までには申し込みをしておいた方が安心です。

 

インターネット申し込みもあり、無人契約機もありますのでそれらを活用することによって時間を短縮することもできます。インターネットで申込をし、審査時間を利用して無人契約機に移動する。そうすればその場で契約もできますので融資までが早いということです。

 

キャッシングの審査基準

キャッシング契約の審査基準について説明します。キャッシング契約の審査で、キャッシング会社が重視するのは、申込者の信用情報であり、9割方、信用情報で決まると言われています。信用情報とは、次のような情報です。「他社からの借入金の合計額」「他社の借入れにおける返済遅延の有無」「信用事故情報の有無」「直近での借入申込数」「住所や勤務先の在籍情報」などです。

 

まず、他社からの借入金の合計額が年収の3分の1以上であれば、貸金業法による総量規制により、新規にキャッシング契約を結ぶことはできません(ただし、おまとめローンなどの例外はあります)。また、他社の借入れにおいて返済遅延があれば、キャッシング会社に信用は得られないので、新規のキャッシング契約は困難になります。

 

過去に金融機関から訴えられたり、債務整理をしたりした場合は、信用事故情報として信用情報機関に登録され、全国の金融機関にその情報が共有されますので、新規のキャッシング契約は困難です。さらに、直近2〜3ヶ月において、借入申込を複数の金融機関にした場合も、その数が多いほど新規のキャッシング契約は難しくなってしまいます。

 

そして、次に重視されるのは、「勤続年数、居住年数」です。勤務先の規模や年収についても、もちろん審査対象になりますが、それよりも勤続年数を重視するキャッシング会社が多いと言われています。それは、一過性の収入よりも安定収入のほうが重視されるからです。

 

  おすすめ順 年利 限度額 即日融資
プロミス
最短1時間
4.5%〜17.8% 1万円〜500万円 平日14:00時までに
WEB契約完了で当日振込
モビット
モビット
4.8%〜18.0% 1万円〜500万円

14:50までの
振込手続完了で当日振込可

(審査結果により不可の場合有)